飯能/病院/整形外科/内科/外科/形成外科/糖尿病外来/リハビリ/佐瀬病院

医療法人 博療会 佐瀬病院

アクセスはコチラ

診療案内

HOME

ごあいさつ

院内紹介

診療案内・診療時間

看護部

リハビリテーション科

交通案内

入院案内

 

病院 診療時間

 

Yahoo! JAPAN

当院では、疾患により生じた移動・身の回りの動作・コミュニケーションなどの日常生活の支障に対して、失われた機能の回復をうながすとともに、残存能力を最大限に引きのばすための治療を行い、患者様が家庭復帰や社会復帰ができるように援助しています。

当院で行う治療方法は、薬物療法、神経ブロック、運動療法、温熱・電気刺激などの物理療法、作業療法、装具療法などがあります。患者様の症状にあわせて治療方法が異なりますので、まずはお気軽にご相談ください。

 

診療科目一覧

整形外科 形成外科 糖尿病内科 一般内科 循環器内科 肝臓内科 神経内科 泌尿器科 リハビリテーション

 

受付時間
午前
AM8:30~
AM11:30
整形外科 休診
佐瀬 武 佐瀬 武 佐瀬 武 佐瀬 武 佐瀬 武 佐瀬 武  
整形外科
竹内裕人 古谷 誠
(隔週)
齋藤 隆
(隔週)
加藤龍一  五十嵐三
都男
(偶数週)
斎藤 隆
 
齋藤 隆 加藤龍一
瀧野恵介
黒田栄史
(交代制※1)
内科※2 休診
佐瀬利加
(糖尿病) 

安田清美
(肝臓内科 第1、3、5週)

福永 淳
(一般内科)
佐瀬利加
(糖尿病)
佐瀬利加
(糖尿病)
福永 淳
(一般内科)
 
形成外科 休診
          舘 正弘
※3
 
午後
PM1:30~
PM5:30
整形外科 休診
佐瀬 武 佐瀬 武 佐瀬 武 佐瀬 武 佐瀬 武 佐瀬 武  
整形外科
竹内裕人 古谷 誠
(隔週)
齋藤 隆
(隔週)
加藤龍一
五十嵐三都男
(偶数週)
齋藤 隆
 
齋藤 隆
萩野幹夫
加藤龍一
瀧野恵介
黒田栄史
(交代制※1)
内科※2 休診
佐瀬利加
(糖尿病)
加藤裕司
(神経内科)
福永 淳
(一般内科)
佐瀬利加
(糖尿病)
畠 信哉
(循環器)
福永 淳
(一般内科)
清水浩一
(泌尿器科)
※3
 
形成外科 休診
          舘 正弘
※3
 

※1:整形外科・土曜日は、院長(毎週)、並びに加藤・瀧野・黒田各医師(交替制)の、2診体制で診察いたします。
※2:糖尿病内科、肝臓内科、神経内科、循環器内科の医師も、一般内科(風邪や腹痛など)の診察をいたします。
※3:形成外科・泌尿器科の診察を希望される方は、事前に電話にて診療の有無をご確認してください。
【休診日】日曜日、祝祭日

【9月休診のお知らせ】

  ※ 佐瀬 武院長(整形外科)     9月  14日(木) PM2:00~PM5:00
                          24日(金)  午後
                              (各日とも午前中は診療します)         
      
                                                         
  ※ 福永 淳医師(一般内科)    9月  9日(土)

 
※ 畠 信哉医師 (循環器内科)      9月   1日、29日(金)

 

 

 

整形外科

人体の運動器官の病気や外傷(ケガ)を取り扱う部門です。
全身の運動器官の骨・関節・筋肉・靱帯・腱・脊髄・神経の病気、外傷(ケガ)による損傷、手足などの先天性疾患を治療します。
整形外科の治療は、単に病気やケガを治すだけでなく、運動機能をできるだけ元に回復させることを目的とします。又、運動機能の障害だけでなく、痛みを主とする疾患(俗に神経痛・リウマチなど)の治療も行います。

<骨粗しょう症について>
骨粗しょう症の患者数は高齢化とともに増加し、最新の報告ではわが国に1300万人の患者がいると推定されています。女性に多く見られる病気で、50歳前後から骨量が急激に減少し、60歳代で2人に1人、70歳以上になると10人に7人が骨粗しょう症と言われています
骨粗しょう症になりますと骨折・慢性的な痛み・骨格の変形などのため、日常生活の動作が制限されて生活の質(QOL)が著しく損なわれ、介護が必要になる場合も少なくありません。骨粗しょう症に伴う骨折を起こしやすい代表的な部位の内、特に生活の質(QOL)の低下が著しいのは「椎体・股関節」骨折とされています。
今回当院で導入した骨密度測定装置は「椎体・股関節」を測定できる装置です。
今後の超高齢化社会において、骨粗しょう症のリスクのある患者さまへの情報提供や治療を積極的に行ってまいります。

 

整形外科

 

糖尿病科

糖尿病教室にて

<糖尿病教室にて>

今や糖尿病は国民病とも言われており、国内で糖尿病及びその予備軍を含めると、全人口の約10%を超える割合に増加してきております。ですが、その半数以上の方がきちんとした治療を受けていないのが現実です。糖尿病は生活習慣病で、インスリンというホルモンが不足したり、作用が不十分なために、血液中のブドウ糖濃度が多くなっている状態です。
放っておくと、網膜症、神経障害、腎症と言った三大合併症及び、動脈硬化が進行して心筋梗塞や脳梗塞などの合併症を引き起こす恐ろしい病気なのです。

当院では、地域ではまだ少ない糖尿病専門医による糖尿病専門外来を立ち上げました。
日常の食事管理に関しては、管理栄養士による個別栄養指導を随時予約受付しております。
リハビリ科では、足腰の悪い方でも室内で無理なく行える運動療法をご紹介いたします。
看護師の専門ケアのもと、患者様以外にも、ご家族や知人、糖尿病に興味のあるどなたでも参加していただけます。糖尿病教室開催予定日につきましては、ホームページ上の新着情報でご案内する他、直接お電話にてお問い合わせ下さい。
ご心配な方や糖尿病でお困りの方は、お気軽にご相談下さい。

 

一般内科

内科外来では、高血圧、糖尿病、脂質異常症、メタボリックシンドローム、痛風などの生活習慣病の予防と治療などを行います。
また、急な発熱、風邪、下痢、便秘、花粉症などにも対応しています。
肝臓・消化器内科専門医による、C型肝炎のインターフェロン治療や胃内視鏡検査および胃十二指腸潰瘍の治療を行います。
腹部超音波エコー検査、MRIによる脳ドック、動脈硬化度血管年齢測定、骨密度測定などの検査も可能であり、人間ドック、健康診断 も行っています。

生活習慣病に関して、管理栄養士による個別栄養指導も随時予約できます。
整形外科疾患を治療中にも、患者様に合わせた内科治療が行えますので、まずはご相談下さい。

 

一般内科

 

形成外科

皮膚移植、顔の傷跡やあざ、皮膚の腫瘍、老人性眼瞼下垂(まぶたのたるみ)、巻き爪、やけど、外傷、先天性の皮膚や手足の障害などを主に治療しています。
形成外科全般に対応できますので、お気軽にご相談ください。

 

形成外科

 

リハビリテーション科

リハビリテーションとは単に病気だけを見るのではなく、患者様の生活背景も含めて見ていくものです。皆様との信頼関係を何よりも 大切にし、診療を行っていくことを心掛けております。下記のような症状をお持ちの方に対してや糖尿病教室において、無理なくできる運動療法と日常生活での注意点についてご紹介しています。

<当院では次のような症状の方にリハビリテーションを行っています。>
・関節の痛み、変形、活動が制限されている
・慢性的な痛みのために日常生活に支障がある
・手足に麻痺や不自由がある
・食事、更衣、トイレ動作など身の回りの動作がうまくできない
・上肢装具、下肢装具、車椅子、座位保持装置などを作りたい

 

>> リハビリテーションの詳細はこちら

 

リハビリテーション科